トップページ > 日常 > 数年越しの再会

数年越しの再会


先日成人式があり、僕の卒業校でも同窓会が開かれたそうです。

しかし、成人式後の同窓会の時に、駐車していた僕の車にもたれかかった知り合いを殴り、学生時代パシリにしていた幹事の子が酔って絡んできたのを酒瓶で殴ってしまったので、その後何度か開催しているらしい同窓会に一切呼ばれません。

もちろん今回も呼ばれません^ω^

そして、成人式の時期という事で友人の出所日が近いのを思い出しました。

18の頃に、シノギで儲けている事がチャラくて気に食わないと、謎の言い掛かりで突っかかってきた暴走族と揉め事になり、頭同士で話をつける事になりました。

しかし、その話の直後に相手側の頭は逮捕されそのまま別荘(少年院)送りに

刑期は短かったので、直ぐに出所日が訪れ、出所してその足で決着をつける事が決まりました。
そんな訳で出所日にお互いが仲間を連れて総出で院まで出迎えです。

建物から出てきた彼は院内で鍛えたようで、遠めから見ても体格が明らかに大きくなっていました。
僕の弟もそうでしたが、成長期+少年院での規則正しい生活に美味しい食べ物が出るからなのでしょうか?

えらい強そうになったな〜とか何とか考えていた矢先

突然その彼が
「一年世話んなったのうワレェ!!」
と言って思いきり肩を警察官にぶつけ、そのまま現行犯で逮捕されて連行され、目の前の出来事に集まった一同は呆気にとられましたw

その後、目撃証人として向こうのサブリーダー(笑)K君と僕の後輩を一人行かせる事に

知り合いに弁護士が居たので相談し、そのK君の家で裁判での受け答えの打ち合わせして出廷に備えました。
今から喧嘩しようとする相手の弁明をするというのは何か笑えてきますし、この時点で既にお互い喧嘩とかいう雰囲気ではありません

そして再逮捕から3日後、裁判が執り行われ
「偶然肩がぶつかっただけ」と突っぱねたのですが、結局は反省の余地無しとみなされてもう一年余りが科刑される結果に・・・

そしてまた一年後、(既にお互い20歳になっています。)再び出所の時期になり、打ち上げをするから来ない?との誘いがありました。

しかし僕は個人事業が忙しくなってきた時期で、その日はどうしても予定が合わせられませんでした。

それから数日後、今度は彼から直で連絡があり、会ってご飯でも食べようと約束した矢先、豊中市夕○丘にある食堂チェーンで一方的に絡んで来た相手に傷害事件を起こし今度は刑務所へ・・・

この夫婦は豊中でも有名なチンピラ夫婦(自称人殺しおじさんと片目の潰れたヤンキーババァ)なので、彼はよっぽど運が悪かったようです。

それから数年が経ち
K君から聞いた出所日も間近となってきました

出所日は普通、家族以外には他言無用と釘を刺されますが、まあ普通に広まってしまいます。

手紙の一つでも寄越してやろうかと思い簡単に手紙を書きました。

(刑務所でも便箋や封筒、切手は所内の労働による賃金で購入しなければいけません。なのでそれらを返信用に同封してあげると喜ばれます。返事も早目に貰えます)

そして返信が到着しました。
手紙

3枚にびっしりと書かれています。
手紙

開封してまず一言
前略 お元気ですか?僕は相変わらず元気です。

「手紙読んだのですが、字が汚すぎます。そして、手紙の内容が適当過ぎです。まあ○○君らしくていいと思いますが」 手紙

ショックです・・・

囚人に指摘されるなんて・・・しかも内容についてもダメ出し・・・

言い訳をさせてもらうと、僕は小学校入学からおよそ学校の勉強と呼べるものは一切していません。
例え不登校やいじめに遭ってる子でも、どれだけグレてる子でも少しは筆記具を手にすると思いますが、僕は殆どありません。

恐らく関西で一番筆記具を握った事のない20代だと思っていますw

学校のテストも回答した事がないので内心点が無く、色々騒ぎもおこしていたので、いわゆるド底辺の名前さえ書けば受かる高校さえ受験を拒否されてしまいましたw

しかし、下には下があるもので、自分の名前すら書けなくても、受験日に試験を受けなくても入れる高校がありました。
そこ以外に入れる学校が無く、自ずと嘆願入試という形を取ると、なんと理事長との面接だけで入れてくれるという話に

当日、学校まで出向き理事長室へと入り
「○○君、やる気はありますか?」

さすがに正直に無いと答えるのは憚られたので、「あります」というと

ハイ!オッケー!と言われ、退室を促されましたw
(入学後に知ったのですが、別にこの人は理事長でもなんでも無く単なる国語の先生でしたw)

どんな奴が集まる所なんだろうと結構楽しみだったのですが、この高校の連中はまるで動物の方がマシと思えるほど言う事を聞かず、それに加えて手癖と育ちが悪過ぎる奴ばかりでした。
それぞれ地元も違うのでまとまりの欠片も無く、笑えないくらい最悪の場所です。
あまりにも無法地帯だった為、近所の評判も最悪で後に廃校となりました。

しかし本当に最低というレベルまで落ちてる高校は噂にすらならないという事を知りました。
知らないだけで国内にはもしかしたらこれ以下の所もある・・・とも思えないくらいです

勿論ここでも一切筆記具を手にする事は無く、その後の個人事業の開業届出や法人設立でボールペンを持ったのがほぼ初めてでした。

そしてハルヒに登場する喫茶店「ドリーム」さんで、交流ノートに書き込む為、初めてシャープペンシルというものを使いました。

この時はシャーペンがとにかく興味深かったので、結構マジマジと構造を見てましたw

これでも丁寧に書いているつもりですが、最近の交流ノートを見てもたしかに字が汚いです^^;
ノート

ノート

ノート

とりあえず近々出所日なので迎えに行きます。
(良かったら僕とこの風俗店で働いてもらおうかなとも考えています)

裁判を通じて友達が増えたのと

字が汚いという事実を突きつけられた話でしたw

アメリカでの計画(2014年3月22日)
次のブログへ

ハルヒ 聖地の住人
トップページへ

誕生日(2013年11月20日)
前のブログへ

inserted by FC2 system