トップページ > 日常 > アメリカでの計画

アメリカでの計画


アメリカでの近況です。

予定変更で、アメリカでの計画が変わりました。最初は風俗店→ネイルアートと来て、また風俗店(性感)→風俗店(ホテヘル)となりました。
ツイッターでも投稿した、月の半分は渋々アメリカへ行くというのは、その為です。

ところでアメリカや諸外国で「寿司(SUSHI)屋」を見かける事があると思います。

僕も付き合いでアメリカの寿司屋を何件か連れて行ってもらいました。

その際、僕は魚の捌き方が分かる日本人という事で厨房に通されたのですが、何故か寿司ネタやお皿・タッパーなどが血だらけなのです・・・
不器用で指を切りまくるのでしょうか、あまりの不衛生さに驚きを隠せませんでした。
(あくまで僕が行った数店の寿司屋の話ですが・・・)

そういえば宝石卸の仕事で、中国の鉱山から買い付けた品物を送ってもらう時も、何故かダンボールが血だらけだった事もありましたw
(梱包の際に誤って手を切ってしまい、そのまま出したそうです)
付き合いのある資○○の役員さんも、中国の工場に化粧品を発注して、送られてきたダンボールは血だらけで中の化粧品まで血だらけだったので相当お怒りでしたw

そのまま発送する神経を疑いますが・・・変な病気になりそうで怖いです。
結局ヤラセかどうだったのかは知りませんが、ダンボール肉まんもコイツらなら平然とやるだろうなと思いました。

話を戻しますが、まずアメリカニューヨークで風俗店(性感)を買い取る事となりました。

元々ネイルアートの店の従業員と、とある性感マッサージ店の女の子達が仲が良い事がきっかけで、そこのオーナーが店を手放す際、新たなオーナーになって欲しいという話が舞い込んできました。

一瞬迷いましたが、とりあえずは店の状態を見てみる事に
店

店

在籍嬢は黒人・中国人・香港人で、寮があり住み込みで働いている感じでした。
寮の設備はそこそこで悪くはないのですが、所どころ椅子の足が短くなって傾いているのが気になりました。
中国人は四足のものなら机と椅子意外全部食べると言うけど、椅子も食べてるの?と冗談でいいましたが
どうやらこのオーナーの中国人イジメが原因みたいです。

・まず寮に備え付けの洗濯機は中国人は使用を禁止
なので、マッサージに必要なタオルも全て手洗いという現状です。
(しかも湯沸かし器も使用禁止なので冬場でも水で手洗い)
・部屋には備え付けの暖房はありますが、中国人は使用禁止
その為、冬場はコートを三枚とか着て眠るそうです。

ちょっと理解出来ないのが、オーナーは中国人だという事です。
同じ人種なのに何故・・・?

僕が知らなかっただけで、チャイナタウンのお店はこんな差別をする所が多いようです。

店

店

店

店

店

店

店

普段仕事場を撮って見せるなんて事はしませんが、とりあえずこの話があったのは去年の12月で、既にここには居ないので載せました^ω^

ところで意外かもしれませんが、ニューヨークでは州法で売春が禁止されています。

そもそもニューヨークのチャイナタウンという場所で、地元民に歓迎されない空気の中、他国のアジア人オーナーと一緒にされるのは癪なので既に河岸を変えて新たな場所に移転しています。
マンハッタンに借りた家は無駄になってしまいましたが・・・w

店

店

今はとあるニューヨークを離れとある洲でホテヘルをしていますが、ココで一つ娘さんが留学をするという日本のお父さん方に知って欲しい事があります。

学校に通いながらこっそりホテヘルで働いている子が意外と居ます\(^o^)/

・・・

アメリカでもそうなのですが、こういう風俗業は夏からが忙しくなるので楽しみです。

という訳でさよならニューヨーク
日本と比べると住んでみて不便な上に気に入らない事が多かったので、もうあまり来る事はないでしょう

最近あった事(2014年5月10日)
次のブログへ

ハルヒ 聖地の住人
トップページへ

数年越しの再会(2014年1月26日)
前のブログへ

inserted by FC2 system